古い感覚を一新せねば。

小学生の頃からよくお使いに行っていた私は、その当時のスーパーの特売品の相場が頭に入っています。
いまだその書き換えができず、どうしてもその値段と比べてしまうので、買えないものがよくあります。

例えば、卵と砂糖、小麦粉は基本98円じゃないと
買いたくないのです。野菜もしかり。
一袋、または一個100円以上はものすごく躊躇してしまうため、
最近本当に辛いんです。

ちょっと前から、野菜の価格が高騰したり、原料がとれないからと
小麦や砂糖が値上がりしたりというのが続いていますよね。
おかげで野菜が値上がりした当初はどうしても手が出せず、
もやし、とかかいわれ、とかばかり購入しておりました。
あ、あときのこ類ね。
これはあまりお値段変わらなかったですから。

小麦粉も砂糖も特売で出ることが激減し、趣味のお菓子つくりも遠慮がちになりました。
たまごも一時期やたら高くなって、あの頃も本当に困った記憶があります。
その頃、これは意識改革をしないと食卓が貧しくなってしまう、と決断し、必要なものは多少高くても買う、という方向にシフトしました。

それからは買い物が楽なこと楽なこと。
今でもやっぱり一瞬手が止まりますが、家族の健康には変えられないし、
と思いもう一度手を伸ばします。
バランスのとれた食事は、病院を遠ざけてくれます。
医療費がかかるより、先に食費をアップしておく方がかえってよさそうでしょ。

ちなみに今日は近くのスーパーのラッキー7デーという、
何でも77円の日だったのですが、77円のお野菜は少なかったです。
1/2個、1/4個が77円と言うお値段で売られていました。
それでも他のお店よりは安いので、買いこんできましたよ。
次の7デーまで、頑張って食いつなぎたいと思います。
早く野菜が値下がりしますように。